2014年12月25日

「ウラわざ」レモンの切れ端、大根のへたの活用



「ウラわざ」レモンの切れ端、大根のへたの活用

食品、食材の廃物活用を特集し、いくつかアップしました。

その後間に別の「ウラわざ」をご紹介していましたが、

今回は、レモンの切れ端と大根のへたの活用について書きます。


レモン2.jpg






1. レモンの切れ端。

シンク、洗面台などの

水あかで汚れたところにこすりつけると、

レモンの酸が汚れと化合して汚れ落としの効果があります。

2.大根のへた…鋼鉄製の包丁のさび落としに使う。

大根のへたにクレンザーをつけてこすれば、

簡単にさび落としができます。

簡単ですから、ぜひ頭の隅に留めてください。

だ大根.jpg

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトの姉妹サイトへもどうぞお立ち寄りください

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

トップニュース+++ズバ斬り






下のバナーのクリックをお願いいたします。
   
 このサイトのランクが上がりますので。


グルメ・料理(全般) ブログランキングへ

ぜひここをクリックして下さい。


生活・文化(全般) ブログランキングへ

ブログランキング





Yahoo!ブックマークに登録
どうぞクリックお願いいたします。

   
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村

どうぞ、プロフィル写真  をクリックしてください。






大根のへた2.jpg

posted by ケテケテ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

つらい肩こり解消、簡単ストレッチ



ウラわざ「つらい肩こりを解消する簡単ストレッチ」

肩コリ2.jpg肩コリ1.jpg





肩こり、つらいですよね。

肩こり解消で自分でできることといえば、

湿布をはったりマッサージをしたりですが、

これがなかなか効果が出ない人が多いです。

そこで今回は、

肩こり緩和のための簡単なストレッチ(体操)をご紹介します。


そのやり方……

1.両腕を高く上に伸ばしてゆっくり5つ数え、

一気にストーンと腕を下ろします。

これを5〜6回繰り返します。

この運動はイスに座ったままでもできますが、

立ち上がって背筋を伸ばして行った方がより効果的です。

2.次に、職場など、あまり目立つ運動ができない所ではこれをおススメ。

まず両肩・腕の力を抜き、

一方の肩を持ち上げると同時に頭を肩に近づけるように傾けます。

その姿勢でゆっくり5つ数え、

ゆっくりと元に戻しましょう。

このとき、背筋を伸ばすよう意識すること。

これを左右3回繰り返します。

3.もうひとつのストレッチ

両肩の力を完全に抜き、

両腕をぶらぶらさせながら

上半身全体を前後左右に振り子のように揺すります。

この運動は全身を弛緩させる効果があり、

入浴にあと、または就寝前に行うのがおススメです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトの姉妹サイトへもどうぞお立ち寄りください

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

トップニュース+++ズバ斬り






下のバナーのクリックをお願いいたします。
   
 このサイトのランクが上がりますので。


グルメ・料理(全般) ブログランキングへ

ぜひここをクリックして下さい。


生活・文化(全般) ブログランキングへ

ブログランキング





Yahoo!ブックマークに登録
どうぞクリックお願いいたします。

   
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村

どうぞ、プロフィル写真  をクリックしてください。
























posted by ケテケテ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とっておき、鼻づまり解消法



ウラわざ「最新版・鼻づまり解消法」

鼻づまり2.jpg鼻づまり.jpg





このサイトは困っているいろいろなこと、

その「困った」を簡単に、手近なものを使って、時に何も使わずに、

だからお金をかけず、誰にでもできるという「智恵」

でも知らなければまず気付かない、そういう生活のヒントを

数多くアップしています。

今回も道具を使わず、お金もかけず、誰に度できる簡単なやり方で、

でも効果抜群の「智恵」をご紹介します。

鼻づまり解消

以前、綿棒を鼻にさす「ウラわざ」を紹介しましたが、

今回、テレビで放送された「ウラわざ」をご紹介します。

土曜日のゴールデンアワーの番組なので、

ご覧になった人も多いと思いますが

見なかった人へお伝えしようと思います。

番組は、日本テレビ(東京地区)「世界で一番受けたい授業」

この「ウラわざ」の発明者は、厚生年金病院の医師、石井正則部長。

その方法は、

1. まず鼻から息を吸い込む

2. 鼻をつまむ

3. あごを胸につけ、お腹、胸に力を入れて締める

4. これを5秒間

5. あごをあげ、息を吐き鼻から吸う

6. これを5回繰り返す

この方法は胸と腹の圧を高めると

交感神経が刺激され、鼻をつまんでいることで

鼻の中の交感神経も刺激され、鼻の粘膜が縮んで

鼻の通りが良くなる、というものです。

番組では出演したタレント10人ほどのうち

数人が鼻づまりだったのですが、この「ウラわざ」を実験したところ

はっきり鼻詰まりが解消していました。(方法は鼻から吐く息を測定する

器具を使っています)

もちろん個人差はあるでしょうが、

簡単な「ウラわざ」なので、試す価値は十分あと思います。

番組でこの石井医師は花粉症対策の特効グッズの紹介もしていました。

方法は、マスクを2枚重ね、間にウエットティシュを1枚挟むというものです。

インフルエンザにも効果抜群といい、医療現場で実際に使われている

とのことです。ウエットティシュが加湿効果とフィルターの役割をする

なかなかの「ウラわざ」です。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトの姉妹サイトへもどうぞお立ち寄りください

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

トップニュース+++ズバ斬り






下のバナーのクリックをお願いいたします。
   
 このサイトのランクが上がりますので。


グルメ・料理(全般) ブログランキングへ

ぜひここをクリックして下さい。


生活・文化(全般) ブログランキングへ

ブログランキング





Yahoo!ブックマークに登録
どうぞクリックお願いいたします。

   
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村

どうぞ、プロフィル写真  をクリックしてください。





























posted by ケテケテ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

「生活の智恵」ゆで卵が湯の中で割れない「わざ」



「生活の智恵」ゆで卵が湯の中で割れない「わざ」


卵.jpg






ゆで卵を茹でるとき、

卵が湯の中で割れて白身が出てしまうことがあります。

沸騰した湯の中で卵がボコボコ揺れ動くから、

その衝撃で割れるように思われがちですが、

原因は全く別のところにあります。

卵を茹でるとき割れるのは、

中身が熱で膨張して起きる現象で、

特に膨張するのは、の中の空気です。

の尻の部分(とがっていない丸い方)にある気室に空気があり、

この空気が膨張して、

の殻の厚みが均一ではない薄いところから割れて、

白身が飛び出してしまうからなのです。

ゆで卵
が割れないようにするためには、

の尻に部分に直径1ミリ、

深さ1ミリの穴をピン画鋲などで空けて茹でれば、

割れることはありません。


知らないと卵1個無駄にすることもあるので、

頭の隅においておかれるといいですね。

簡単なことなので、一度知れば忘れることはないです。

どうしてかっていうと、卵を茹でるとき

この「わざ」を必ず思い出しますので、

これが記憶の復習になって、強く頭に刻み込まれることになります。


少し難しくなりますが、

記憶は最初短期記憶として頭に残ります。

その中でただ見聞きしたものや興味の対象ではないものは消えていきますが、

このゆで卵の「わざ」は行動と連動して記憶されるので

中期記憶として脳の「海馬」に残ります


「海馬」では、1ヶ月程度記憶が保持されますが、

この間に不要なものと長期記憶に入れるものが選別されます。

で、長期記憶にはどのようにしたら入れられるのか?

 
それは中期記憶に留まっている間に複数回反復することなのですが、

卵を茹でるたびに記憶にアクセスしますので、

その記憶は重要なものとされ、側頭葉に送られて長期記憶として定着するからです。

なので、月に1回程度ゆで卵を作ると

この「智恵」は生涯記憶に残ります。是非残してください。

今日はゆで卵が沸騰する湯の中で割れないように、

という「智恵」のご紹介でしたが、

実はもうひとつ、記憶を確実に残すにはどうしたらいいか、

これもテーマでした。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトの姉妹サイトへもどうぞお立ち寄りください

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

トップニュース+++ズバ斬り






下のバナーのクリックをお願いいたします。
   
 このサイトのランクが上がりますので。


グルメ・料理(全般) ブログランキングへ

ぜひここをクリックして下さい。


生活・文化(全般) ブログランキングへ

ブログランキング

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




Yahoo!ブックマークに登録
どうぞクリックお願いいたします。

   
人気ブログランキングへ 

にほんブログ村
posted by ケテケテ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。